Cave de Oyaji

中年ワイン探偵団  Depuis 1998


美味しいワインを求める事にかけては寸暇を厭わず捜し求めるおやじ共が日頃の研鑽の賜物をふとした機会に披露しあう、果たして自慢のワインは当たりかスカか?

我らワインフリークの先達の行き着く果てには一体何が待っているのだろうか?迷える中年ワイン探偵団の明日はどっちだ?


最新更新2009127


このページは中年ワイン探偵団に加盟する方々に活動経過を報告する場所です。実際の活動は専用メールリンク上での会話が主ですが、度々ミーティングと称して会員同士でワインを楽しむ機会が有ります。

たまたま、ふとした事からこのページをご訪問された方へ。このサイトの閲覧はオープンですがメンバー登録しなければ探偵団の活動内容の詳細は判明しません。

探偵団のメンバーになる為には下記の趣意書に同意される40歳以上の中年諸兄姉に限ります。現在の構成団員にはワインに関してプロ、アマの違いを問わず様々な方々が参加されております。ご興味ある方は是非アクセスしてください。


最近の活動状況

2009/11/13 ア・テ・スエ送別会NEW 

2009/7/6 石村さん歓迎ワイン会
2009/6/12
1986年ボルドー・グラン・ヴァンの検証U』

2009/4/28ア・テ・スエ『黒い資産快気2周年記念』

2008/11/28ア・テ・スエ

2008/2/2 ア・テ・スエ1986年ボルドー・グラン・ヴァンの検証T』

今後の活動予定


・パーカー満点ワインを笑う会 (さて、いつ実施なの?)

・ラ・ターシェ友の会(同じく)

参加希望者は探偵団メールリンク上で表明お願いします。

12/5 日直 笠原


活動(ワインを飲み散らかした実績)

中年ワイン探偵団オフ会報告

さる2009年11月13日渋谷ア・テ・スエに於いて探偵団の会合が開催されました。
今回は長年に渉って中年探偵団の集会場所として素晴しい料理と落ち着いた場所を提供してくださった中島シェフがこの年いっぱいでア・テ・スエを閉店されると聞き及んで急遽開いたものです。当日は惜別の意味を込めて9名の団員が集まりました。

当日のワインワインリスト
・1983Ducru Beaucaillou
・1985Ducru Beaucaillou
・1986Ducru Beaucaillou
・1978Leoville Las Cases
・1983Leoville Las Cases
・1983Guruaud Larose   以上鍵田コレクションより
・2003Clos Vougeot Rene Engel 長谷川さん
・1995Santenay Clos de Malte Louis Jadot  北見さん
・2000Pouilly Fuisse Juliette la Grande Cordier 笠原
 

メンバー 北見 鍵田 山本 長谷川 中村 山口 黒石 藤川 笠原
      (敬称略)

持込ワインの多くは鍵だんちょの個人コレクションからの供出品です。いつもテーマを設ける我が探偵団らしくサン・ジュリアンの会模様になったのはご愛嬌と言うか我々のフランチャイズであるア・テ・スエでの最後のオフミに相応しいラインナップでした。

私はさすがに白ワインも、と考えていつ飲むか思案を巡らしていたコルディエの秘蔵品ジュリエットのセカンド・トリ(珍しいんだよぅ)、シャルドネのヴァンダンジュ・タルディーヴを6年間寝かせたボトルを持ち込みました。

デュクリュ・ボーカイユはどのボトルも健全な状態で年代の相違を計るには最適なテキストであったと思います。しなやかな舌触りで果実味は力強い、83は複雑なマスを中心に置きながらまだまだ若い。85VTは丸みを帯びて飲み頃にさしかかっております。86VTのスケールの大きさはいつ飲むかの議論が難しいのではないでしょうか。

ラスカーズはボーカイユ以上に飲む者を当惑させる様な複雑なアロマと濃厚な果実を湛えていますね。78VTでさえこれから、と感じてしまう。

さて「お試し」のジュリエット嬢はグラスの中で妖艶な女性に成長していた様子です。琥珀色にも近い熟成光?と時が経つにつれて芳醇な香りが立ち上る。この銘柄、いつ飲むべきかは肝心の作者もワインジャーナリズムも意見を出さない。ちょっと我々で検証した感もあります。

それにしてもア・テ・スエの閉店は本当に残念ですね。このお店を探偵団で知り、その後に何回も個人的に利用した方は非常に多いはずです。類稀な前菜の繊細な味わいとバリエーション、がっつり系とも言うべき主菜のボリューム、何と言っても居心地の良い室内と行き届いたサービスには皆様も感銘した事と思います。

個人的にこの店で思い出深いのは探偵団5周年記念オフミと例のD・R・Cオフミでしょうか。いずれもがア・テ・スエを借り切っての盛り上がりでした。参加人員が多い時ほどワインの分量で気を遣いますね。今だから告白しますがロマネ・コンティの時は事前に自宅で750mlを20等分する練習を何回も敢行して会に臨んだ事を覚えております。

それに古いワインの抜栓もこんなオフ会で経験を積んで行く事が出来たからなんとかこなせる様になったのです。汗はかきますが以前ほど尻込みはしない自分がスゴいとは思っております。なかなかこんな経験は出来ない。

中島さんは場所を変えてフレンチのお店を続けられるそうです。いつかまた彼の料理でオフ会を開く事を楽しみにしております。





 

                 50Ch.Pavie

中年ワイン探偵団オフ会報告

200976日銀座ヴィヴィアンヌに於いてパリより帰国されている石村団員ご夫妻を歓迎する会が行われました。参加団員は石村ご夫妻、長井、北見、小林、長谷川、露木、松岡、鍵田団長、笠原(敬称略です)の11名。


初夏の汗ばむ気候でしたが皆お元気でなにより、と言う心境なのもそろそろ初老探偵団になりかけた現在の探偵団の現状なのかも。

 

06Meursault 1er Poruzeys                   90Corton-Charlemagne


今回もワインは乾杯用のシャンパーニュを除いてすべて持込み。Vivienneの順ちゃんにはお世話になります。


ワインリスト

06Meursault 1er Poruzeys(Leflaive)

90Corton-Charlemagne(Beauneau du Martroy)

99CNDP Cuvee Boisrenard (Beaurenards)

94Macon Classe (Bongran)

00信州シャルドネSOLARISManse)以上白

   

99CNDP Cuvee Boisrenard               00信州シャルドネSOLARIS

78N-S-G Clos des Corvees Paget(C,Vienot)

83Calera Selleck

96Beringer Cvernet Franc

97Landmark Pinot Noir

98CNDP La Clau de Ma Mere(Pere Pape)

03Case Corini

50Ch.Pavie


どなたがどのワインを持ち込んだかはご覧の皆様でご判断ください。(容易に想像がつくと思いますが、結果も大体その通りです。はい。)

  

78N-S-G Clos des Corvees Paget            83Calera Selleck


ちなみに1950シャト・パヴィなんてのを持ち込まれたのはもちろん石村さんです。これちょっとマディラ化していたかと思いますが、そんなのはあまり気にしなくても良い。半世紀以上前のボルドーを飲めた事自体に意味があります。


この日のテーマは「飲み頃のワインを味わう会」というものでした。探偵団の猛者連はさすがこの辺りははずさないねぇ。中でも長谷川さんの(あ、言っちゃった)セレックは興味津々でした。カレラが目指すDRC的なワインに通ずる味わいがあるか否か。その味わいは玄妙で、なるほどクオリティの高いエステートワインに仕上がっておりました。

   

96Beringer Cvernet Franc               97Landmark Pinot Noir


この日はお日柄にもよるのか白ワインが多かったのも面白かったですね。90のコルトン・シャルルマーニュはさすがにデキャンタを施して楽しみました。


この日持ち込まれた赤ワインは本当にどれも名品揃いでした。(お世辞なし)

料理はヴィヴィエンヌの斉藤順子さんにお任せで出してもらい、いつもの通りワインの話を肴にワインを飲み散らかしてまいりました。このお店は本当に居心地が良い。又お世話になりそうです。

  

98CNDP La Clau de Ma Mere                      03Case Corini


皆、年はとったがワインを中心にいつもの通り話が弾む楽しい集まりです。今回は直前に欠席された五藤さんも電話で様子を伺われたり八鍬さんも飛び入り電話参加されたりで話題に事欠かず、どうやら探偵団の集会も何か理由をつけては頻度が増しそうな予感を感じたのは私だけでしょうか。


好事魔多し、翌日私のPCがトラブってこの更新記録も遅れてしまいました。すんません。

  

 

  

中年ワイン探偵団オフ会報告


1986年ボルドー・グラン・ヴァンの検証U

2009/6/12 六本木ブーケ・ド・フランス


参加団員(順不同敬称略)

鍵田 山口 長谷川 中村 長井 露木 小林

遠藤 北見 藤川 五藤 笠原 【12名】


*今回は幹事役に五藤団員が奔走してくれました。ありがとうございます。

   


ワインリスト

(すべて1986年産です)

Auxey-Duresses blanc Bernard Delagrange
Ch.L'Angelus          
  P.P.89

Domaine de Chevalier     P.P.88

Ch. Bahans Haut Brion 

Ch.Palmer               P.P.88+?

Ch.Leoville Barton        P,P.92

Ch.Lagrange             P.P.92

Ch.Lynch Bages          P.P.90

Ch.Montrose             P.P.91

Ch.Pavie

Ch.Gruaud Larose        P.P.94+

   

Ch.Langoa Barton
Ch.Marquis de Terme     P.P.90?
Ch.Canon                P.P.89+


これらのワイン全て(白は私)かぎだんちょコレクションの放出品です。2007年にも一度86コレクションのオフ会開催しておりますが、今回はその第2回目です。


会場も久しぶりのブーケ・ド・フランス、原田さんのお顔もご無沙汰してました。

   

14本を続けて試しながら写真を撮影し、あまつさえ料理を楽しむのは意外に大変なんですよ(@@)慌ててシャッターを切ったのかピンがボケているエチケットの画像が数枚ありました。で、全てのボトルの映像はありませんので悪しからず。

それにしても見た目も壮観なボトルの隊列はいつもの如く、でしょうか。


   

この日のベスト・ボトルは参加団員のご意見を伺った所、5名の方がパヴィに票を投じられました。次点は3票のグリュオ・ラローズ。

熟成度の観点で言えばパヴィは飲み頃のピークであったかもしれません。既に熟成色が歴然としていました。


個人的にはモンローズの如何にもボルドー!っていう感じの重厚なスタイルが好みでしたが、「そりゃ南仏的だ」とどなたかに言われてしまいました。

   

他にもドメーヌ・ド・シュバリエのグラーブらしい土臭いボディとかまだまだ活気と若さを供えるラグランジェとかやはりボルドーワインはいいネェ。


若干熱の入ったボトルもありましたが(ランゴア・バルトンとか)概ねコンディションは良好な状態であったのではないでしょうか。だんちょ、良かったね。


私のセラーに在った86のオクゼ・デュレスも好評だったようでなによりです。


   

久しぶりにお会いした団員もいらっしゃったり、今回も非常に興味深く、楽しい会合となりました。

ワインを肴にワインを飲み散らかす我がオフ会ですが、次回テーマに就いては様々な提案が・・・・。楽しみに待っていてください。


最後に鍵田団長、ご馳走様でした!(^^)

文責 笠原



    

中年ワイン探偵団会合報告


黒い資産(どうしても変換すると(^^;・・)快気2周年を記念して久方ぶりの中年ワイン探偵団例会が渋谷ア・テ・スエで2009428日に行われました。


参加団員は10名本当に生きていたのか!と皆が驚いた鍵だんちょもお出ましになられ、いつもの通りに乾杯の発声を務めておられたのは幸甚でした。


とっくの昔に中年⇒老年となりつつある我々ですが11年もの間よくワインを飲み散らかしたものです。今回もご覧の通りのラインナップで夜更けまで騒ぎました。


それにしても皆様よくお持ちになっておりますなぁ。飲み頃のワインです。私、テーブルの端に着席していたのでこっそりと評価点を附けて楽しんでおりました。


総じて仏産1993年のワインはピークを過ぎている銘柄が多いようにも思えます。今回結果を見るとやっぱり、と言うかDRCのえしぇ君が18/20。実はあまり期待していなかった我がCNDPアンリ・ボノーの00VT18/20。クロ・デ・レアは次点の17でした。


皆様、アンリ・ボノーの00まだ在庫あります。(笑)


     

当日のワインリスト

1993Hermitage Blanc/ J-L.Chave
2002Meursault / Latour Giraud
1993La Romanee / Bouchard P&F
1997Nuits st Georges les Chenes Carteaux  / Henri Gouges
1998Mazoyeres Chambertin / Camus
1999Vosne-Romanee 1er Clos des Reas / Michel Gros
1999Vosne-Romanee 1er Aux Brulees / Michel Gros
2002Echezeaux / D.R.C
1994Bonnes Mares / Hudelot-Noellat
2000Chateauneuf-du-Pape Cuvee Marie Beurrier / Henri Bonneau
1993Ch.Cheval Blanc
1996Ch.Lynch Bages

    




中年ワイン探偵団会合報告

20081128日(金)

於:渋谷 ア・テ・スエ

参加者(敬称略)

北見 小林 山本 五藤 小倉(ゲスト) 笠原


久しぶりの例会となった“ア・テ・スエ”も久しぶりでした。

この日は北見さんのご紹介でゲストに小倉さんをお迎えしました。

グラスサービスのシャンパーニュで乾杯してからの進行はいつもの通りです。


ワイン

05 Vacqueyras Galejade Blanc / Monardiere

96 Meursault Hospices de Beaune / Loppin

97 Nuits St-Georges les Damodes / Lechenaut

85 Le Fleur de Gay

99 Chambolle Musigny 1er Cru / F.Magnun

00 Cote Rotie les Rochins / Bonnufon

03 The Standish (Barossa Valley)


ヴァケラスの白はドメーヌ・ド・ラ・モナルディエール秘蔵のワイン、“ガルジャード”。グルナッシュ・ブランやヴィオニエ、ルーサンヌなど20%ずつ5品種のブレンドワインです。私(笠原)が持ち込んだのですが、評判も宜しかった様子で安心しました。


オスピスの白は96年もの。山新商事がオークションで落とした樽である事がエチケットに表記されております。エッジも色付き、ムルソーとしては熟成が進んでいる状態でしょう。ただし、この年の作柄の特徴として酸味が強いので適切な飲み頃はもう少し待った方が得策かもしれません。


ヴァケラスの白は我ながら美味い、と思います。この地区ではサン・デ・カイユー(Sang des Cailloux)の白が珍重されておりますが、モナルディエールも全く同列のクオリティを示す、と思います。


  


NSGのレ・ダモードは小林さんが現地で購入したワインです。ハンドキャリーはさすがに旨い。タンニンがこなれていてバランスの取れたブルゴーニュを実感できました。素晴らしいチョイスです。


ポムロールは五藤さんの選択ですが熟成の点ではピークに近い芳香を放っておりました。素晴らしいワインです。


山本教授はスタディシュを持ち込まれました。それなら、と元祖シラーのコンテンポラリーの旗手であるボンヌフォンのロティは私が対抗させたワインです。

スタディッシュは非常に濃厚かつエキセントリックな魅力に満ちたワインではないでしょうか。だがボンヌフォンのコート・ロティもシラーの最上畑というプライドもあります。飲み較べるには少し無理がある対決だったかもしれない。個人的にはボンヌフォンのシラーに愛着を感じますがそれは私の職業柄に由来する思い入れでしょう。


 

ア・テ・スエの料理は探偵団の我儘にいつもお付き合いいただいておりますが素晴らしい。


考えてみるとこの場所をお借りして近年の探偵団での会合がいつも挙行されております。今年もお世話になる機会が多い事でしょう。







中年ワイン探偵団設立趣意書


パーカー・ポイントがなんだ!有名シャトーがどうした?不良ヴィンテージだって恐くないぜ!!ワシらは不良中年ワイン探偵団だいっ!!
不惑と言われる40代を迎えて、戸惑いを隠しきれないあなた。でもワインに関しては、そろそろ世評に惑わされずに自分なりの楽しみ方を見つけて行きませんか。
「ローンと子供の養育費で、ワインには金をかけられんなぁ」とお嘆きのあなた。高いワインが美味しいとは限りませんよ。まだ知られてない、安くて美味しいワインはいっぱい有ります。
もちろん安くて美味しいだけがワインの価値観じゃありません。ヴィンテージワインの価値だってよく知ってるのがオジサンの強み。ヴィンテージ・チャート片手に蘊蓄を傾ける若造にオジサンの底力を見せつけてやりましょう。
「そんなビンボ臭い事いわんでも、ワシら良いワイン飲めるもんね」という裕福なあなた。そんなあなたの財力が頼りです。(ちょっと弱気)
私たちと一緒に、いろんなワインを探す旅に出かけませんか。


1998
331日 鍵田 純司

設立5周年記念の際にサーヴィスされたケーキ


ページの先頭に戻る     Oyaji’s Bar に戻る