Cave de Oyaji


ヴァケラスの名人  

AOCヴァケラスのワインを知るには以下の3つの醸造家のワインを試すのが最も適切であり、近道でもある。南仏ガリーグの香りをたっぷりと湛えたワインの味わいがなにより雄弁に語るだろう。


ドメーヌ・ド・ラ・モナルディエール Dom.de la Monardiere
ドメーヌ・ル・サン・デ・カイユー Dom.le Sang des Cailloux
シャトー・デ・トゥール      Chateau des Tours
エリック・ブルタン(ルーカス・トンバ)  Eric Bouletin


クリスティアン・ヴァッシュ

モナルディエールの畑

La Revue du Vin de France- Juin 2007

2006VT5つの成功”

ヴァケラスのアペラシオンで思い浮かべる銘柄と言えば何であろうか?10年ほど以前、ヴァケラスなどほとんど日本で知られていなかった時には大手のアルヌーやマニアの間ではシャトーラヤスのエマニュエル・レイノーが手がけるシャトー・デ・トゥール、稀にシャルボニエールを見かける事もあった。

この地は南ローヌ渓谷ワイン処の中心に位置し、北にはジゴンダス、南はボーム・ド・ブーニーズ、西は最も深遠なシャトーヌフ・デュ・パプの北端に接している。もちろんグルナッシュ栽培が80%内外の生粋のコート・デュ・ローヌ銘柄を生産する拠点でもある。

現代のヴァケラス村に於けるワイン事情を実際に検証すれば、数ある現地の生産者の中でもサン・デ・カイユーやデ・トゥール、それに今回ご紹介するドメーヌ・ド・ラ・モナルディエールのワイン達が群を抜いた存在と言えるだろう。


モナルディエールの当主クリスティアン・ヴァッシュはヴァケラス村出身だが36歳になって家業の葡萄生産農家を継ぐ。1987年には家族と共にワインの自家醸造(ドメーヌ)を開始した。所有する畑は約20haで平坦な土地の多いこの地域では丘陵地帯に畑を多く所有する。土壌を砂岩質から赤石灰土粘土質とバラエティに富んでいる為、各所で栽培された葡萄をアッサンブラージュする事で複雑で味わい深いワインを造る事が出来る。

クリスティアンが行う日々の農作業では土壌の生態系のバランスを崩さない方針が前提であり、その為にビオの手法や一部ビオディナミ法を取り入れているが、これはあくまでこの土地に合った最善の手法を用いるだけである。

彼の努力の結実は「レ・ヴュー・ド・ヴァン・ド・フランス」の最新号“2006VTの検証”でも取り上げられ、コート・デュ・ローヌの2006VTにおけるベスト5としてラヤスと共に特集されている事でも明らかであろう。

この秋Cave de Oyajiが絶対の自信を持って推薦する銘柄がこのモナルディエールでもあります。




Vacqueyras Vieilles Vignes  /  Dom.de la Monardiere

ヴァケラス ヴィエイユ・ヴィーニュ / ドメーヌ・ド・ラ・モナルディエール
          2009年 2010年 2011年  750ml 3,800
                          

モナルディエールのクリスティアン・ヴァッシュが自信を持ってリリースするヴィエーユ・ヴィーニュ(平均樹齢50年以上)の葡萄を使用したキュベ。

セパージュ比率はグルナッシュ50%、シラー25%、ムルヴェドル25%。畑の多くは黄色粘土質で表面を丸い石が取り囲むなだらかな傾斜地であり、除草剤や化学肥料は一切使わない。収穫の後は選果後、除梗し、18日間のマセラシオンを敢行し18ヶ月の樽熟成をする。これを無清澄、無濾過で瓶詰めするが、作業が丁寧で(貯蔵蔵もたいへん衛生的)液面に全く濁りが生じない。

圧倒する様な果実や濃厚さは感じないがフィネス等ワインの持つべき要素を全て兼ね備える素晴らしくバランスされたワインです。グルナッシュでこんなに透明感の備わる銘柄は他に知らない。

ご注文はこちらから→ORDER

Vacqueyras Reserve des 2 Monardes  /  Dom.de la Monardiere

ヴァケラス レゼルヴ 2 モナルデ / ドメーヌ・ド・ラ・モナルディエール 
                     2010年 2012年  750ml 3,000

モナルディエールのヴァケラスの最大の特徴は洗練されたボディ、ローヌワインに有りがちな果実のみの主張が突出したインパクトを与えるが乱暴な造りは直に飲む者を飽きさせる、といった性格から乖離している。むしろ飲み飽きないバランスの妙を常に感じさせてくれるのがクリスティアンの類い稀な個性なのだろう。

今飲むのなら断然このキュベである。グルナッシュの配合が若干多い、フレッシュでいて軽妙、もちろんヴァケラスの涼やかなアロマ溢れるワインに仕上がる。どんなレストランにオンリストされても必ずや料理とマリアージュする相性の良さを演出するだろう。ローヌファンには是非この銘柄を試していただきたい。もうブルゴーニュさえ無用と感じるであろう。かなりクオリティの高いワインである。グルナッシュの多さから量ればサン・デ・カイユーと同類のパフォーマンスである。
                       新入荷


ご注文はこちらから→ORDER

Vacqueyras “Galejade” Blanc /  Dom.de la Monardiere

ヴァケラス “ガルジャード”ブラン / ドメーヌ・ド・ラ・モナルディエール
                   2008年 2009年 2010年 2011年 750ml 4,800

ガルジャード“Galejade”とはプロヴァンス方言で「冗談〜」位の意味であろうか。

どうもモナルディエールの当主クリスティアン・ヴァッシュは趣味の領域でこの白ワインを造り上げたのかもしれない。それにしても出来すぎた感がある銘柄ではある。

グルナッシュ・ブランやヴィオニエ、なぞとセパージュ比を挙げるのもなにか野暮である。とにかく飲んで思わず微笑むのは造り手の意図する所なのだろう。それ位素晴らしいパフォーマンスなのである。

この銘柄は本当に趣味で造るワインの域を出ない。生産数はごく僅かでしかないのだから。

試飲してその旨さに驚いて、「こりゃネルトの白(ボーヴェニール)みたいだねぇ」と感想を伝えるとクリスティアンは大笑いしていた。「ほんの冗談で造ったのさ」

これは当店だけのスペシャル・キュベになりそうですね。

ご注文はこちらから→ORDER


クリスティアンとエリック・ブルタン


モナルディエールのクリスティアン・ヴァッシュとはこの春の渡仏で初めてお会いした。彼のワインは2003VTをインポーターから紹介されてはじめて扱った。その時はこの年の作柄の特異性からか私自身あまり感心できる銘柄とは思えなかったが、現地に赴いて2004VT以降のキュベを試してその思いは払拭された。今はヴァケラスのみならず南ローヌを代表する現代的作家と認識している。

クリスティアンのワインの最大の特徴はエレガントで優しい味わいである事。これは南ローヌのワインを知るファンならば良くお判りの事と思うがローヌの高級ワインのエッセンスでもあるのだ。元より果実味の豊富なローヌワインでは突出した葡萄の味が前面に出てワイン本来求められる食事との相性で選択の幅が狭くなる場合が多いのだが、彼のワインではそんな心配は無用。

どうか今、最大の評価を受けつつあるモナルディエールのワインを体感されたい。そう、すべては飲めば判るのである。






ドメーヌ・ル・サン・デ・カイユー Dom.le Sang des Cailloux

ヴァケラスで最も著名な作り手と言えばサージ・フェリグル氏のサン・デ・カイユーであろう。年々設備投資して立派になった醸造所からリリースされる赤はヴァケラスの2銘柄のみ。それでも毎年彼のワインは内外の高い評価を得ており、地元の多くの生産者からも畏敬の念と親しみやすい風貌などからすこぶる評判が良い。

ワインはもちろん折り紙付きのパフォーマンスである。


Vacqueyras Blanc /  Dom.le Sang des Cailloux
ヴァケラス 白  / ドメーヌ ル・サン・デ・カイユー

                                    2006年 750ml 7,245

友人に言わせれば“サン・デ・カイユー”の白は幻の逸品なんだそうである。確かにサージの所でご馳走になった白のヴァケラスは特筆もので、「でも残念ながら別けてあげるだけ在庫はないよ。」とあっさりしたものであった。

でもやっと少量だがサン・デ・カイユーの白が入った。最新の2006VTである。100%新樽と言う当地では斬新な仕込みを敢行するが、使用品種はグルナッシュ・ブラン、クレレット・ブラン、ヴィオニエ、プール・ブラン、ルーサンヌをほぼイーブン(20%づつ)配合する。豊かで芳醇な香りとミネラルの強い独特な白ワインはサージの真骨頂を味わう思いがする。

         売切れ

  

Vacqueyras Cuvee de Lopy  /  Dom.le Sang des Cailloux
ヴァケラス キュベ・ド・ロピイ  / ドメーヌ ル・サン・デ・カイユー


2005年 750ml 6,825

サン・デ・カイユーのワインはヒュー・ジョンソンやロバート・パーカーなどが以前から激賞していた。そんな事情もあってかヴァケラスの地ではサージ・フェリグルの名前は知らぬ者はいない。ワインも毎年その質を抜かりなく向上させていると思う。サン・デ・カイユーの最上キュベがこのキュベ・ド・ロピイである。
収穫が好調だった年の60年ものグルナッシュを60%配合し、シラー(40年)を加える。通常のヴァケラス(2002のドゥシネルなど)と比べるとさらに果実の深みがあるのが特徴。“ロピイ”の名前はサージの佳人にちなんで附されているのである。

ヴァケラスでも最も恵まれたテロワールの畑から生まれるワインです。

                在庫僅少

ご注文はこちらから→ORDER

Vacqueyras Cuvee Doucinello  /  Dom.le Sang des Cailloux

ヴァケラス キュベ・ドウシネル  / ドメーヌ ル・サン・デ・カイユー
                                            2002年 750ml 3,780                                            2005年 750ml 4,095

通常のサン・デ・カイユーのワインはこのキュベになる。ドゥシネルは娘さんの名前に由来するが、ワインはなかなかどうしてグルナッシュでも男性的な力強さとフィネスに於ける繊細さとを兼ね備える稀有なワインである。

2002年は南ローヌではダメだろう、と単純に言うのは間違いである事は丁寧な仕事振りのこのワインを試せば理解できよう。素晴らしいコンセントレイションと果実の表現を是非実感されたい。

こちらには若干のムルヴェドルとサンソー種が加わっている。

*輸入元がエドモン・ビュルルと比較した紹介をするがこれはサージに失礼な話である。これはビュルル(パレルーダスなんだろう)など足下にも及ばぬ位偉大なワインである。  売切れ

ご注文はこちらから→ORDER





シャトー・デ・トゥール      Chateau des Tours

ヴァケラスで孤高の存在がエマニュエル・レイノー率いるシャトー・デ・トゥールである。

シャトーラヤスのオーナーでもある彼が理想とするワインを安価で気軽に楽しめるものとして提供し続けているのだ。彼とワインを巡る会話は本当に楽しい。

2003 Vacqueyras    /  Chateau des Tours

2003 ヴァケラス   / シャトー・デ・トゥール

750ml 7,000

1998年作柄のこの銘柄が当地のINAO委員会(ワインの品質調査委員会)でヴァケラス表記を認可しなかった話は余りに有名だ。曰く「(このワインは平均的なヴァケラスとしては違い過ぎる為)酸化している。」と言うものだった。今となっては噴飯物の決着だが、それほど品質が周囲に比べ突出していたからである。

この銘柄に使用される葡萄はグルナッシュ100%で、ラヤスの畑と同様に畑の周囲を潅木に覆われた森林や池が点在する環境に恵まれた箇所から産出するものである。

エマニュエル・レイノーの作風とワインのエルヴァージュ(躾け)のコンセプトから言ってこの辺り2003VT位からがデ・トゥールのワインの本領発揮に違いない。

その1998〜2001年産も当店で扱ったがタチマチ完売した実績もある。そして2002VTのワインさえ素晴らしいのは、デ・トゥールのヴィンテージ・チャートには「不作」の二文字は存在しないか、とも思えるのである。

しばらく欠品してましたが2003年を入手致しました。

ご注文はこちらから→ORDER



Vacqueyras le Restanque de Cabassales / Roucas Toumba
ヴァケラス レ・レスタンクス ド・カバソル  / ルーカス・トンバ
                                      2010年 750ml 4,200

常に理想のワインを目指すエリック・ブルタン氏の所有する醸造所は極めて小規模なものである。しかし、彼は全くそんな事には気にもせず日々所有する畑の手入れや苗木の世話に暇が無い。
だから出来上がるワインも彼の性格そのもの。勤勉、朴訥で上昇志向の気概そのままな味わいは飲む者を様々な未知の世界へと思いを掻き立ててくれる。

2004年からはヴァケラス表示となったが、これはフランス国内のレストランからそうしてくれた方がお客に勧めやすい、と望まれたからだそうだ。味わいが変化したわけでもない。

グルナッシュ主体で若干のムルヴェドルやシラーその他の品種が入るが、最近カバソル地区の自社畑のグルナッシュのみでこの銘柄を造るようになった。樹齢は85年以上、2,010年の生産量は約9,000本であった。
出来ればOyajiのドーメーヌ訪問記なども参考にされたい。
   

売切れ


ご注文はこちらから→ORDER

Vacqueyras la Grande Terre / Roucas Toumba
ヴァケラス ラ・グランド・テール  / ルーカス・トンバ
                                      2011年 750ml 3,150
エリック・ブルタンが2011年からリリースする銘柄がこのグランド・テールで、特徴として従来のヴァケラスよりムルヴェドルを多く配合(20%)させる事が挙げられる。
樹齢55年程度のグルナッシュとムルヴェドルをバリック(大古樽)で熟成し、シラーは小樽を使用。12ヶ月を経てブレンドし、更にコンクリートタンク内で12ヶ月熟成させボトリングされている。
このファースト・ヴィンテージに相当する2011年産ワインは約7,000本の生産だった。
意欲的な作品だが恐らく本来の実力は数年の瓶熟成を待って答えが出るものと思われる。


売切れ


ご注文はこちらから→ORDER

Vacqueyras les Premice Blanc / Roucas Toumba
ヴァケラス レ・プリミセ 白  / ルーカス・トンバ
                                      2011年 750ml 3,150
レ・プリミセはエリック・ブルタンが手がけた初の白ワインであり、その白葡萄も樹齢は未だ若い。しかし働き者のエリックは自宅の近くの葡萄園に5種類以上の白葡萄を栽培し、意欲的な醸造とブレンド面での試行錯誤を繰り返してこのキュベをリリースするに至った。
最近のヴァケラス村の名だたる生産者は競うように白ワインを造る事が流行の様子でサン・デ・カイユーの名高い白とともにルーカス・トンバのお隣に在るモナルディエールの白も素晴らしい事は当ホームページでも紹介した。このエリックの白も生産数は僅か3,000本弱だが素晴らしい品質である事は保証する。


売切れ



ご注文はこちらから→ORDER

ページトップへ戻る

HOME

Cave de Oyaji