Cave de Oyaji


Dom.Roche-Audran
ロッシュ・オードランのローヌワイン


ドメーヌ・ロッシュ・オードランのワインが日本に輸入され始めたのはつい3〜4年前の事である。この醸造所はローヌ地方南部、ヴィサン(VIsan)村近郊ビュイッソン村に20haほどの耕作地を所有し、自家詰する生産者だが現在の当主ヴァンサン・ロシェットが醸造と経営を任されている。
彼が父親から引き継いだ当初は醸造するワインをローヌの有力な生産者(ネゴシアン)に樽ごと販売していた。有力な生産者とはギガル、J.Lシャーブ、ヴァン・ド・ヴィエンヌなどでそのクオリティの高さは当時から著名であった。ことにシャーブ家ではお気に入りの納入生産者の一人で“モン・クー”の銘柄を製作するにあたって指名されてワインを提供したが2000年以降自家詰したワインをリリースするに至った。

所有する畑は三箇所、ヴィサンはコート・デュ・ローヌのヴィラージュ表記が許されるアペラシオンだがこの地でガリーグ区画と呼ばれる区画と隣接するビュイッソン地区の畑(コート・デュ・ローヌとなる)、それにシャトーヌフ・デュ・パプに隣接するクルテゾンの“ル・カイユー”である。
ヴァンサンは毎年葡萄の育成と醸造スタイルを変化させる。2007年からはついにビオディナミを取り入れた。元々土壌の形成に関して熱心に研究し、当地のテロワールをワインに最大限表現する事を試みているがそれに飽き足らず実に様々な試みを繰り返す。

実際一昨年にヴァンサンのシャトーを訪問する機会があり、半日シャトーの周囲に広がる葡萄畑を案内しながらワインに関しては饒舌に語ってくれた。彼の持つポリシーやワインに対する情熱、葡萄育成に於ける様々な取り組みは聞く者にとって新鮮な事柄ばかりである。

彼のワインは2003年ものがアドヴォケイト誌上で取り上げられいきなりACコート・デュ・ローヌ(セザール)が93ptsを獲得し、周囲を驚かせたものである。彼の独特なスタイルを持つコート・デュ・ローヌを是非お試しいただきたい。
ヴァンサン・ロシェットのドメーヌ・ロッシュ・オードランの詳細は以下のホームページから参照されたい。
http://www.roche-audran.com/

尚、2009年産のワインからロッシュ・オードランはエチケットのデザインを変更しました。

ヴァンサン・ロシェットとパスカル・シャロンを囲んでのワイン会の模様です。
こちら

価格は本体価格です。別途消費税が掛かります。

ワイン一覧 (クリックしてください)
2012 Chateauneuf-du-Pape
2005 Cotes du Rhone "Cesar"
Cotes du Rhone "Nature"
Cotes du Rhone "Le Caillou"
Cotes du Rhone "Cesar"
Cotes du Rhone Villages Visan "Pere Mayeux"
Cotes du Rhone "Cesar"Blanc


2012 Chateauneuf-du-Pape
2012 シャトーヌフ・デュ・パプ


ロッシュ・オードランから待望のシャトーヌフ・デュ・パプ銘柄が日本に初めて上陸した。ヴィンテージは2012年。以前から試供品として試した事はあったが今回は正式にオン・リスされたもの。
シャトーヌフの正確な畑の位置は照会している所で、前回ヴァンサンに会った時に訪ねた所、クルテゾン近郊でアペラシオンの北部だそうである。セパージュ比率は年によって変えると思われるので詳細は後の検証を待ちたい。何はともあれ貴重なボトル(代理店では60本のみ入荷。)なのでお早めのお手当をお願いします。
                       
   750ml   6,800

        
ご注文はこちらから⇒ORDER



2005 Cotes du Rhone "Cesar"
2005 コート・デュ・ローヌ セザール


ロッシュ・オードランから2016年初頭に到着したヴァック・ヴィンテージ。
2005年の当地の作柄は極めて良好で殊にグルナッシュの果実味の豊かさは特筆すべきで、ヴァンサンのセラーからの蔵出しは非常に興味の募る銘柄でsる。
ヴァンサンのコート・デュ・ローヌの最大の特徴はグルナッシュ比率が低い事だ。セザールはグルナッシュが50%シラーが46%、その他ムルヴェドルが4%入る。これを選果の後醗酵、熟成は一年樽を使用するが(実はこの樽はボルドー仕様で名だたるグラン・ヴァンの樽が貯蔵庫に並んでいる。)熟成期間は14ヶ月を要している。生産量は8500本、ヴァンサンのCdRでは割合飲み頃が早く訪れる銘柄であろう。
                       
   750ml   3,600

        
ご注文はこちらから⇒ORDER


2013 Cotes du Rhone "Nature"
2013 コート・デュ・ローヌ “ナチュレ”

ロッシュ・オードランが昨年我が家を訪問された際に紹介された新作ワインがこのナチュレだった。ヴァンサン曰く「100%ナチュレ(自然派)ワイン」だそうで、ビオ認証も受け、基準が非常に厳しいといわれるデメテールの認可も取得、しかも徹底したビオディナミ農法で醸造したと言う。使用品種はグルナッシュ、シラー、カリニヤン、ムルヴェドル。畑はケランヌとラストーの境あたりで、樹齢は平均60年。
どうもこれでもか、と言った如きヴァンサン君の執着振りでかえって微笑ましくさえある。所謂サン・スーフルのワインとして造ったもので従来のワインとはちょっと趣きが異なり、ビオ特有の軽妙な果実味が楽しめる。

                       2013年   ¥2,800

ご注文はこちらから⇒ORDER

Cotes du Rhone "Le Caillou"
コート・デュ・ローヌ “ル・カイユー”

ロッシュ・オードランの本拠はヴィサン村近郊だがこの“ル・カイユー”はずっと南のシャトーヌフ・デュ・パプに隣接する自社畑の古いグルナッシュから醸造されている。その意味では当主ヴァンサン・ロシェットのワインとしては異質と言えるかも知れない。

だが元々シャトーヌフに属する箇所からのワインだけに深遠で余韻の深いワインが出来るのだから実に丁寧に醸造している事も伺える。それはグルナッシュの出来如何で発表しない年も出てくる事で理解出来よう。いわばオードランのスペシャル・キュベと言えよう。2003年にリリースされた後、2004年は遂にこの名前では市場に投入されず、秀逸な2005年で再び発売され、本年発売の2007年産はアルコール発酵の後、残糖分が一本あたり20gもある為にAOCの基準をクリアせずヴァン・ド・ターブルとしてリリースされた。

これはヴァンサンがグルナッシュの収穫を意図的に遅らせたいわばヴァンダンジュ・タルディーヴの手法を採った為である。熟成をも意識したそのスタイルはシャトーヌフそのものを味わうようである。素晴らしく肉厚なボディと果実の印象は飲む者に深い感銘を与えるだろう。
        
 2003年 2005年 2007年 2009年 各4,800
    
ご注文はこちらから⇒ORDER



Cotes du Rhone "Cesar"
コート・デュ・ローヌ セザール


2009年産のセザールが入荷しました。驚いた事にこの年のセザールに使われる葡萄はグルナッシュ100%なのです!よほどの自信と経験が無ければこの様なキュベには取り組まないヴァンサンの姿勢も充分知っているので本当に楽しみなワインである、と思います。それは従来のボトルと異なる重量感のある熟成用の瓶を使用している事からも窺い知れます。是非お試し下さい。
                       
  2009年 2010年 2,500

  
ご注文はこちらから⇒ORDER


Cotes du Rhone Villages Visan "Pere Mayeux"

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴィサン“ペール・マイユ”

アペラシオンは異なるがこのペール・マイユの畑とセザールの畑は用水路一本隔てただけの隣接する箇所である。葡萄の育成方法も醸造方法、キュベソンの期間や樽熟成期間も同一なのだが何故か異なるスタイルのワインが出来上がるのが興味深い事実だ。セザールは一般的に早い飲み頃を迎えるがペール・マイユは少し瓶熟成を重ねたほうが宜しい。恐らく畑の土壌の相違と若干の高低差がこんな性格の違いを生み出すのであろう。しかし2005年ものは飲み頃に差し掛かっている。こちらも当年の生産本数は8500本。

*2009年からはロッシュ・オードランのエチケットがそれぞれの銘柄毎にデザインが変わりました。尚、2009ペール・マイユではグルナッシュの配合比は70%、シラーが30%となっております。
                               2010年  2,500

 
ご注文はこちらから⇒ORDER


Cotes du Rhone "Cesar"Blanc Blanc

コート・デュ・ローヌ “セザール”白

ロッシュ・オードランのセザール区画で栽培された葡萄を使用しての白ワイン。グルナッシュ・ブラン70%ヴィオニエ種30%をブレンドしている。
ヴァンサン・ロシェットは様々な白葡萄を試験的に植樹しているが遂にセザール区画で収穫されたものを瓶詰めした。ともすれば単調になりがちなグルナッシュ・ブラン種にヴィオニエを足す事によって素晴しい出来栄えになっている。この様にローヌ地方でも白ワインの銘柄は数多く生産されているが生産本数が少ない為、市場に出回りにくいだけでその内容は他の地方のワインと全く遜色のない品質なのだ。

                       2007年   ¥3,400

ご注文はこちらから⇒ORDER


ページの先頭に戻る     HOME