Cave de Oyaji


シャトー・デュック



コート・デュ・ローヌの芸術家

  


このCave de Oyajiでは常に優秀なローヌワインをご紹介しようと考えていますが、私にとって毎年コストパフォーマンスに見合うワインを探し出す作業から開放される思いを与えてくれた優秀な造り手を改めてご紹介します。

それは決して大げさな言い方では無く、デュックのワインの最大の特徴である飲み飽きない酒質を体験されればローヌワインファンの多くの方が納得される事でしょう。エレガントでいて味わいやプケ、余韻に至るまで繊細でいてかつ、飲んでいて愉しくなるワインなのです。当店では毎年この銘柄を購入し続けております。



シャトー・デュックは南仏ローヌ地方ヴォークリューズ県の北メリディオナル村のユショー(Uchaux)という小さな町にあります。当地はユショー山塊の山腹に面していて、理想的な日当たりと類稀なミクロクリマ(微気候)の恩恵に与っております。地理学上、珪質砂岩と石灰質砂岩で構成されていて、それがこの土壌に独自性を授けているのです。このテロワールは構成がしっかりとしていながら繊細なワイン造りを心がけるシャトー・デュックのワインの中で充分に表現されています。

シャトー・デュックという名前は1690年〜1700年頃にシャトーを建設させたデュック氏の名字から来ています。ラングドック出身のこの一族は17世紀初頭頃からこの地方に定住する為にプロヴァンス地方にやってきました。1869年にプラディエ家がアンリ・デュック氏の未亡人からシャトーを譲渡されたのです。現在の当主シルヴィアンヌとベルナール・プラディエ夫妻は1988年にこのシャトーを相続しましたが、二人は今までより一層自然を尊重し、手作業でのワイン造りに回帰する事を心に決めたのです。

ベルナール・プラディエ氏

Chデュック

彼らは常に葡萄畑をきめ細やかに手入れする事で葡萄の収穫量を少なくし、ワインの品質を高める努力を怠りません。選別された葡萄は実に丁寧に数回の選別を受けて醸造、熟成されます。これら収穫から醸造、出荷まで一貫してデュックのカーヴで行われるのです。総てはシャトー・デュックのワインに女性らしい優しさとボディの力強さ、という当地のテロワールを表現する為に他なりません。

最初にプラディエ夫妻が市場にリリースしたワインのヴィンテージは1991年度、ギ・ド・アシェッテで三ツ星&クー・デ・クールを獲得し、周りの醸造家を驚かせました。彼らのワインは以降毎年の如く高く評価され続けております。

コート・デュ・ローヌの数ある銘柄の中でもデュックのワインはエレガントでかつ南仏特有の豊潤な果実味を充分に堪能できる優れたワインである事は間違いありません。Cave de Oyaji当主の私が自信を持ってお薦めする事が出来るワインがこれです。そのデュックのワインのラインナップをご紹介します。

親爺はシャトー・デュックを訪問しました。→紀行文


Chateau d'Hugues 各銘柄 
Cotes du Rhone Grande Reserve
Cotes du Rhone Cuvee de la Tour
Cotes du Rhone Cuvee Sylvianne
Vin de Pays Vaucluse Blanc
"Vindanges des Chefes"


価格は本体価格です。別途消費税が掛かります。

Cotes du Rhone Grand Reserve / Ch.d’Hugues

コート・デュ・ローヌ グラン・レゼルヴ / シャトー・デュック


2008年〜12年各ヴィンテージあり

フランス

コート・デュ・ローヌ赤

2,700

非常に印象的な手書きのエチケット(ラヴェル)で有名なワイン。樹齢50年以上のグルナッシュ(70%)、シラー(30%)、カリニヤン(10%)を使用する。ワインは濃いルビー色、スパイシーなブラック・ベリー、甘草など芳香性の強い印象的なもの。適度なタンニンと若干のロースト香が特徴。数年の壜熟成を経れば素晴らしいワインになる。


ご注文はこちらから→ORDER


2009Cotes du Rhone Cuvee de la Tour / Ch.d’Hugues
2009   コート・デュ・ローヌ キュベ・デ・ラ・トゥール / シャトー・デュック

フランス

コート・デュ・ローヌ

2,000


シャトー・デュックのフラッグ・シップ的存在のワインは実はこれである。

15ヘクタール弱の畑から樹齢40年前後のグルナッシュ70%、シラー30を使用。手摘み収穫の後、除梗はせずにコンクリートタンクで10日間醸造を行う。マロラクティック発酵後、珪藻土カートリッジで濾過、清澄させオーク新樽で熟成させる。全くの古典的ローヌワインの手法を用いたプラディエ氏自慢のCdRなのである。






ご注文はこちらから→ORDER


Cotes du Rhone Cuvee Sylviane / Ch.d’Hugue

コート・デュ・ローヌ キュベ・シルヴィアンヌ / デュック

2006、2008、2009年ものあり

フランス 

コート・デュ・ローヌ 赤
 
3,200

このサイトでも度々取り上げたシャオー・デュックの最上キュベがシルヴィアンヌです。フランス南部ヴォークリューズ県北部のユショーに在して類稀なクリマの下、深遠で柔らかな味わいのローヌワインを造り続けております。このシルヴィアンヌに使われる葡萄の耕作面積は約1ヘクタール、樹齢はおよそ30〜50年。グルナッシュ60%シラー30%ムルヴェドル10%で、手摘み収穫、マロ発酵の後軽くフィルターを通し、オークの新樽で樽熟成。適度な壜熟成が必要ですが、熟成した後は非常に洗練された果実味の風味とふくよかで優しい余韻を楽しむ事が出来ます。


キュベ・シルヴィアンヌのエチケットはベルナールの細君、
シルヴィアンヌさんの収穫作業を描くもの。


ご注文はこちらから→ORDER


2007 Vin de Pays de Vaucluse Blanc “Peche de Vigne”
                  / Ch d’Hugues

2007 ペシェ・ド・ヴィーニュ / シャトー・デュック

フランス 

コート・デュ・ローヌ 白2,700


最近入荷したデュックの白。

ベルナールの所有する畑では様々な葡萄品種が栽培されている。南仏固有種の他にもメルローなども造り(これは以前ヴァン・ド・ターブルとして販売した)白葡萄も抜かりなく収穫するのだが、彼らしくルーサンヌ、ヴィオニエ、ユニ・ブラン、クレレットをそれぞれ25%づつ配合する凝った銘柄である。

仕上がりは如何にも南仏産白ワインと言ったところで、黄金色に色づく色調とヴィオニエやルーサンヌの甘い香り、ふくよかなボディを演出するユニ・ブランの特性が充分感じて取れる秀作となった。

もちろんデュックの全てのワインに見られるベルナール手書きのエチケットも官能的な描写で見る者を飽きさせないのがベルナール流なのである。


ご注文はこちらから→ORDER


2007 Vin de Table "Vindange des Chefes"/ Ch.d'Hugues
2007 ヴァンダンジュ・デ・シェフ / シャトー・デュック

                     750ml   2,400

デュックの造るワインでも珍しいメルロー種のワイン。
ヴァンダンジュ・デ・シェフは「シェフ達の収穫」の意味だがこれは2002年に南ローヌ地方
を襲った洪水がちょうど葡萄の収穫時に重なった為、デュックでは大変な労苦で収穫作
業を行ったのだそうだ。その時にユショー周辺のレストランのシェフ達が収穫を手伝って
くれた為に無事醸造作業に取りかかる事が出来た。プラディエ氏はその労苦に報いる為
新しく作付けしたメルロー種のワインに「シェフ達の収穫」と名付けて翌年にシェフ達を招
き、このワインを振舞ったのだそうである。
以来、ベルナール・プラディエ氏はその時の楽しい雰囲気を絵画に残してこのワインのエ
チケットとした。いかにも打ち解けてワインを楽しむ模様が伝わる微笑ましい画材だが、
このワインもそんな親しみやすい味わいに満ちている。


ご注文はこちらから→ORDER



HOME