Cave de Oyaji


コンドリューのワイン



ローヌ地方特産のコンドリューワインはその希少性と飲む者を魅了せずにはいない特有の味わいに特徴があります。


Condrieu コンドリュー

フランス北部ローヌ地方で著名な白ワインがコンドリュー産のワインです。

使用される葡萄品種はヴィオニエのみで、非常に栽培の手間がかかる収穫量の少ない品種でもあります。ワイン醸造の採算が取れない点で近年まで積極的に生産する農家も少なかったのですが、従来のシャルドネやソーヴィニヨン・ブラン種に無い個性的なワインの酒質は多くのワインファンを魅了し続け、生産量は少ないながらも現在までコンドリューの地で名だたる生産者がすばらしい銘柄を市場に出しております。


ヴィオニエ種から出来るワインの特徴は新年度産では甘くフレッシュな果物、洋梨、青リンゴ、桃やスイカの香り、口の中で広がるようなボディの厚さ、切れる様な酸味はありませんがそれを補うドライな味わいと余韻の長さです。多少の熟成期間(壜熟成)を経れば香りのニュアンスは完熟したトロピカルフルーツ、やドライフルーツ、若干土臭いような印象もあります。


コンドリューワインの生産者では一部遅摘み葡萄によるヴァンダンジュ・タルディーブも若干生産します。これこそ希少ワインと呼ぶべきワインですが、ワインの指向する味わいはドライでグラスから立ち昇るプケは優美でリッチな香りを目指します。


コンドリューは食前酒や食後酒に用いられるのも一興のたいへん風味豊なワインなのです。是非大振りのワイングラスをご使用ください。


在庫銘柄
2009Condrieu les Chailles de l'Enfer / Georges VERNAY
2010 Condrieu les Ravines /  Remi&Robert NIERO
2010 Condrieu la Doriane /  E.Guigal  
2009 Condrieu La Cep du Nebadon  /  Alain Paret 
2011 Condrieu Terrasses de l'Empire / G. Vernay
2006 Condrieu de Poncins / Fransois VILLARD
NV Condrieu Quintessens / Fransois VILLARD
2006 Condrieu /Gangloff
2010 Condrieu Coteau de Vernon / G.Vernay 


価格は税抜きです

コンドリューのワイン

ご注文はこちらまで →→ORDER

2009Condrieu les Chailles de l'Enfer / Georges VERNAY

2009コンドリュー レ・シャイエ・ド・ランフェール / ジョルジ・ヴェルネィ

コンドリューの雄、ジョルジ・ヴェルネィが1953年に父フランシスから家督を受けて初めて手がけたコンドリューがこのレ・シャイエ・ド・ランフェール。父が手塩に掛けて育て上げたコトー・ド・ヴェルノンに較べると繊細さと言うより個性的なヴィオニエで若いうちから楽しむ事が出来るワイン。凝縮感が素晴らしい。シャイエ・ド・ランフェール=悪魔の丘陵とは急斜面での過酷な作業を強いられるこの区画を表現したものです。
750ml

\13,000

ご注文はこちらまで →→ORDER


2010 Condrieu les Ravines /  Remi&Robert NIERO

2010 コンドリュー レ・ラヴィーン / レミ&ロベルト・ニエロ  

ニエロでは”コトー・デュ・シェリー”と言う評判の高いコンドリューの区画を所有するがこちらはスタンダードなキュヴェとなる“レ・ラヴィーン”。丁寧な造りはさすがで、ネゴシアン物にはない独特なアロマを感じることのできる貴重なコンドリュー。早くから楽しめる気軽なワインとしても重宝な銘柄です。

Cave de Oyajiでも若干の数量を確保しました。この機会に是非お試し下さい。
                        売切れ

750ml

\4,600



ご注文はこちらまで →→ORDER

2010 Condrieu la Doriane /  E.Guigal

2010 コンドリュー ラ・ドリアーヌ / E.ギガル  売切れ

2010年産のコンドリューとしていち早く入荷したギガルご自慢のラ・ドリアーヌ。このキュベが発表されたのは1994年だがその時代よりヴィオニエの樹齢はさらに亢進し、いやが上にも期待の高まるワイン。

Cave de Oyajiでも若干の数量を確保しました。この機会に是非お試し下さい。


750ml

\10,000

ご注文はこちらまで →→ORDER

2011Condrieu Terrasses de l'Empire / Georges VERNAY

2011コンドリュー テラス・ド・ランピール / ジョルジ・ヴェルネィ

コンドリューの雄、ジョルジ・ヴェルネィは現在後継者のクリスティーナ・ヴェルネィ夫妻が主宰し、シャトー・グリエに隣接する極めて良好な畑をコンドリューに7haほど所有し、この「テラス・ド・ランピール」は元々ヴェルネィのレギュラーボトルに相当する。使用するヴィオニエの平均樹齢は25年。しかし、他によくある早くのむタイプのコンドリューでは無いのがヴェルネィ流でやはりこの銘柄も若干壜熟成させて試したい。
(画像は2005年VT)
750ml

\8,500

ご注文はこちらまで →→ORDER

2006 Condrieu de Poncins / Fransois VILLARD

2006 コンドリュー デュ・ポンサン  / フランソワ・ヴィラール

フランソワはコンドリューの南北に伸び、細分化された区画をいくつも所有してヴィオニエを栽培するが、此処はその中程にあたる。デュ・ポンサン区画のヴィオニエは樹齢も比較的亢進していて、少し北側の高名なシャトー・グリエを彷彿とさせるアロマさえある。フランソワ・ヴィラールでは“カンテサンス”と言う貴腐ワインが有名だが意識的に遅摘みのヴィオニエを配合してワインにボリュームを与えているのだ。
                  売切れました。
                                     
750ml

11,000

ご注文はこちらまで →→ORDER

NV Condrieu Quintessens / Fransois VILLARD

コンドリュー カンテッサンス / フランソワ・ヴィラール

フランソワ・ヴィラールの名前が世に出るきっかけとなった銘柄といえるのがこの甘口ワイン。貴腐菌の付いたヴィオニエから醸造する。もちろんヴァンダンジュ・タルディーヴ(遅摘み葡萄)から造られるものである。年産1000本にも満たないが、クオリティの高いデザートワインを輩出するヴィラールは只者ではない。この銘柄はミレジムを持たないが実際は2004年ヴィンテージ。INAOによるAOC企画ではコンドリュー産として認められなかった為にノン・ヴィンテージのヴァン・ド・ターブル扱いになっている。が、そんな事はこのワインのクオリティの前には何の意味もなさない出来事に違いない。  売切れ
500ml

\7,500
ご注文はこちらまで →→ORDER



2009 Condrieu La Cep du Nebadon  /  Alain Paret       

2009 コンドリュー ラ・セップ・デュ・ネバドン / アラン・パレ

サン・ジョセフの鬼才アラン・パレが最も誇りとし得意とする分野がヴィオニエではなかろうか、と密かに思っている。コンドリューは言うに及ばず、アラン・パレ流のヴィオニエの仕込みはテーブル・ワインとして大ヒットしている“パストロウ”のヴァン・ド・ペィですっかりワインファンには定着しているものだ。

そのアランがヴィオニエのテロワールの相違を如何に表現するか?は大いに興味が尽きない所で、コンドリューと言う本家本元のヴィオニエをどう仕上げているのだろうか。


「ネバドンの畑」とは以前アランが映画俳優のジェラール・デパルデュと共同出資して所有した区画で2000年以前にはデパルデュの名前もエチケットに附されていた。

                       

 売切れ


750ml 6,000



2004VTの写真です

ご注文はこちらまで →→
ORDER




2006 Condrieu / Gangloff    

2006 コンドリュー  / ガングロフ

コンドリューの2006年作柄は03VTに近似しているかも知れない。高密度で葡萄の完熟している味わいが強いのだ。収量も03ほどではないが依然として少ない状況であるらしい。夏の高温、水分の枯渇は葡萄果にとってそれほど好ましい状態では無いがこの様な条件下では醸造家の腕前が試される年度である事は間違いない。早くから飲めるスタイルのガングロフも面目躍如の作柄ではないだろうか。03VTであれだけのパフォーマンスを見せて我々を驚かせたのだから。   在庫僅少
                    



750ml ¥17,000

ご注文はこちらまで →→ORDER




2010 Condrieu Coteau de Vernon / G.Vernay       

2010 コンドリュー コトー・ド・ヴェルノン / ジョルジ・ヴェルネィ 

漸くとジョルジ・ヴェルネィの最高キュベ、コトー・ド・ヴェルノンを少量入荷しました。2010年の出来も初夏の高温化の葡萄は心配されましたが、6月に入って冷涼な気候を迎えた為、例年以上の結果となった様子です。

ヴェルネィ所有のコンドリューの畑の中でも自他共に認める最上畑がヴェルノン。コンドリュー村でもシャトー・グリエの北側、急斜面に広がる地帯です。作付けのヴィオニエの樹齢は60年以上、これを木樽(Barrique)で20%の新樽を用いながら醸造。調和の取れた例の優美な香りも例年通りです。嬉しいですね。文字通り、コンドリューの最高峰キュベ。他の追従を許さない銘柄です。   新入荷     
                      



2010年 13,800



ご注文はこちらまで →→ORDER


HOME